真実を貫く剣

ポケモンについて

メタグロス

どうもお久しぶりです。

割りばしさんが記事書いてたので自分も少し。大部分が被るだろうが個人的な意見を。


メガメタグロス

鋼、超。

超というタイプはカプ・テテフ性能以外ではマイナスに働きやすい為説明を省く。

鋼の役割について少し。元々は強力すぎる龍の一貫性を切る、低火力数値受けに対してタイプ耐性、毒耐性を持っていることから受け崩しなどが主な役割だったが6、7世代と進むにつれ妖タイプの台頭、ミミッキュカプ・テテフの出現により更に需要が高まった。現在龍技をもつ強力なポケモンアーゴヨン等少なめになっており鋼の役割としては主にミミッキュカプ・テテフの妖、超の一貫性を切ることと言っていいだろう。

鋼の性質を持つポケモンは高耐久タイプが多くポリゴン2等数値受けに対する崩しも担っていることが多いが弱点として相手の崩しの起点になりやすい点がネックといえる。ナットレイテッカグヤを考えてもらうと分かりやすい。どうしても足が遅く、やどりぎのタネやどくどくなど定数攻撃が多くなり対面に大きな負担をかけづらく相手にペースを握られやすい。

ここまで鋼の基本的な性質を並べたがメタグロスはどうだろう。メガストーンを消費するとはいえ、鋼という性質を持ちながらs110という速さから能動的に仕掛けていける。現在はカプ・テテフの減少により若干価値が下がっている感も否めないがそれでも環境上位メガ枠であるメガボーマンダに対する性能は凄まじい。また形勢を大きく変化させる積み技を所持していない為、サイクル構築に起用されやすい。グロスランドレヒレがいい例であろう。

技についてであるが種類が多く、非常に範囲が広い。

採用するにあたって1番にあげられる技は怯みを狙える安定打点アイアンヘッド、撃ち漏らしを刈り取らことが出来、対面性能を底上げするバレットパンチの二種。ミミッキュやカプ系統が環境にいる以上タイプ一致で放てる鋼技は必須である。

またボーマンダランドロスに対する冷凍パンチ。ギルガルドヒードラン、ミラーに用いる地震テッカグヤ、高耐久水に対する雷パンチ。ナットレイ(めざ炎による処理も可能)やポリゴン2に対して完全ではないが役割破壊が可能なアームハンマーカバルドンメガラグラージに対する草結び。リザードンウルガモスに対する安定打点である岩石封じ。フシギバナに対する思念の頭突き。自身がガブリアスよりも早くステルスロックを撒けるということも念頭に入れておいていいだろう。

これだけの範囲を役割対象にできる為、高い対面性能を持ちつつタイプ技による崩し性能もある。

砂ダメが効かず、ステルスロックや撒菱などを撒かれずhpをフルに温存できた場合、as252b4といった耐久無振りの型であってもメガボーマンダの+1a特化地震を確定耐えする為、ストッパー性能も高い。この性質も環境をマンダ一強にさせないうえで一役買っているといえるだろう。

ミミッキュメガボーマンダに表面上強いという性質は大きな利点である。

構築に組み入れるポケモンとしては最近だとメタグロスより早い激流ゲッコウガ、カプ・コケコ等に比較的強いカプレヒレロトム(火)が有名であろう。この形はサイクル戦においてはミミッキュを比較的軽視している為、後の3枠はミミッキュに厚くする必要がある。


次に技構成について。

個人的な技の組み合わせは

鋼技1種確定。残り役割対象意識。努力値も役割対象意識の調整。

まず一つ目。

アイアンヘッド/岩石/草結び/地震

上記の構成はカバリザ意識。

カバリザに入って来やすいポケモンとして、ゲッコウガミミッキュキノガッサメタグロスが入って来やすい。ゲッコウガは相手すべきではないが地震をもつことで選出しやすくなる。またポリゴン2も他で輝石を除去する、状態異常技を入れた上でアイアンヘッドを連打することで突破可能性も高い。岩石封じはリザードンに対する役割破壊だけでなく、ウルガモスギャラドスの積みを拒否する偉い技でもある。最もメタ意識の強い構成といえるだろう。


二つ目。

アイアンヘッド/冷凍パンチ/雷パンチ(バレットパンチ)/地震

メガボーマンダ入りに対して積極的に出していける型。範囲を重視した最もオーソドックスなタイプ。6世代の猫捨て身冷パン地震ガルーラが7世代に転生したような性能をしている。自身でもメタグロスは使用したことがあるがやはり扱いやすいこの型を使用した。使用感はいいが崩し性能があまり無いのが欠点。個人的に基本選出に加える場合はこの型をオススメしたい。 


三つ目。

バレットパンチ/思念の頭突き/アームハンマー/冷凍パンチ

この型はバレットパンチの威力や役割対象を意識して意地っ張りの性格が採用されやすい。受け出されるナットレイポリゴン2を倒すにはもってこいの型だろう。


四つ目。

アイアンヘッド/大爆発/地震/ステルスロック

最低限のアイアンヘッド、広範囲に打てる地震。後続につなげる大爆発、ステルスロック。貴重なメガストーンという持ち物を消費してまですることでは無い為おそらく使用者はいないだろう。


メガメタグロスの簡単なまとめ

・鋼という本来対戦で後手に回りやすい受け気質なタイプでありながら能動的な動きを取れる。

(ミミッキュカプ・テテフに対して後手に回らない)

・s110という速さからa145、鉄の拳という圧倒的な数値を相手に押し付けられる、またタイプ受けに対して豊富な技の所持能を持ちタイプ技役割破壊を可能とする。採用される技に追加効果が多く、運勝ちを呼ぶ。

リザードンボーマンダといった環境の上位メガに対しての性能を十二分に持っている。また対戦で採用されやすい一般ポケモンに対しても強力な対面性能を誇る。


これで終わり。




選出の共鳴

 シングル6350では6匹のポケモンから3匹のポケモンを選択し選出を行う。バトルの際には6世代におけるガルガブのような対面処理を前提としたptでさえも最低限のサイクルを回す為、選出する3匹の中にも個々の繋がり、シナジーが大切になってくる。

分かりやすい例がヒードラン。このポケモン単体では地面技を持ったポケモンに何も出来ず倒されてしまうがクレセリアランドロスなどと組み、サイクルを回すことによって初めて強さを引き出すことが出来る。

つまりptに何らかの要素を組み込みたい時に必要としている要素を満たしたポケモンをただ単に採用するだけではバトルではそのポケモンの50%の力も引き出すことは出来ないということ。構築にあったポケモンを発見し組み込む事も重要だが、個々の繋がりも意識する必要がある。そうすることによって初めてPTとしての強さが現れる。

レートが伸び悩んだ際はPTのポケモン同士のサイクル適正を見直すといいだろう。

有限積みサイクル

サイクルを最小限に抑えたカバマンダガルド


f:id:restiapoke:20180428055132g:plain

カバルドン@イアのみ 腕白

212-132-171-×-110-67

地震/ステロ/欠伸/吹き飛ばし


f:id:restiapoke:20180428055151g:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト 意地っ張り

185-189-101-×-101-152

身代わり/龍の舞/恩返し/地震


f:id:restiapoke:20180428055234g:plain

ギルガルド@ハガネZ 意地っ張り

159-107-171-×-179-84

アイアンヘッド/かげうち/剣の舞/キングシールド


f:id:restiapoke:20180428055256g:plain

キノガッサ@気合いの襷 意地っ張り

135-200-101-×-80-122

マッハパンチ/タネマシンガン/岩石封じ/キノコの胞子


f:id:restiapoke:20180428055326g:plain

スイクン@食べ残し 図太い

207-×-161-111-135-125

熱湯/身代わり/瞑想/守る


f:id:restiapoke:20180428055353g:plain

ウルガモス@こだわりスカーフ 控えめ

161-×-85-205-125-152

オーバーヒート/むしのさざめき/めざめるパワー氷/サイコキネシス


カバマンダガルドは再生技、回復アイテム等を捨て攻撃的な技構成にした。

又、アーゴヨンなど積み展開に対しては襷キノガッサ、スカーフウルガモスを導入することによって対抗することにした。

マンダガルドが不利を取る相手であるテッカグヤグライオンの低速サイクルに対して身代わり残飯スイクンを当てることにした。


全然勝てないけど最近対戦が楽しいのでまたそのうちブログを更新します。







USMシーズン1雑感

USMに入ってからの印象。

ミミッキュZ解禁

アーゴヨン登場

大きく変わったのはこれだけ。


潜るのは潜ったが何1つ育成出来てないので持ちポケモンが少なく環境にあったptは作れず勝てずじまい。s2こそは育成を。


現在ptに必要不可欠な要素

ミミッキュに対し最低限サイクルを回す為の物理受け

・ギャラアゴの並びに対するストッパー、怯まされて突破されてはストレスの原因になるのでスカーフ持ちが望ましい

・繁殖してしまった激流身代わりZゲッコウガを抑えられるポケモン

・鋼枠(7世代の癌、ミミッキュとカプにタイプ相性で対抗できる)

・常に一定数存在するキノガッサの処理を担うポケモン

・構築のパワーを底上げしてくれるメガ枠


ひとまずはこの要素を意識して構築を組んでいくことにする。


新たなる始まり

USM発売前日。


SMでは時間も気力も完全に失っており殆どまともにポケモンできていなかったがUSMでは頑張ろうと思う。


・レート2100↑到達。

SMでは2000に数回載った程度だが次は2100以上を目指してポケモンをやっていく。


ポケモンの育成

ORASが終わった後育成できたポケモンは数匹にも満たず目新しさのないポケモンばかり使っていたが育成に力を入れようと思う。一週間に最低3匹育成する。


この二点に力を入れてポケモンをやっていきたい、ブログも最早風化しているが新型開発でもしてその都度更新していければと思う。


ではまた。


special thanks

TNに迷っていた際提案を下さった木魚さん

僕の愛するでんそんさん


S6使用最強積み構築ver2

⚔️(^で^ )⚔️剣舞でんそん

🐲(^で^ )🐲竜舞でんそん

🌱(^で^ )🌱宿り木する^で^

🦋(^で^ )🦋蝶舞でんそん

炎の舞でんそん🔥(^で^ )🔥アチー!!

🐚パリーン(^で^ )🐚パリーン 殻破でんそん

万華鏡

ポガッサメモ

・S134以上の強力な打点所持

・レヒレやコケコによるフィールド展開

・草タイプ

・連続技所持

・身代わり貫通技所持

・特性加速所持

・ラムのみ所持

・蜻蛉ルチェン所持

・先制技所持

・呪い(霊)所持

・ほろびのうた所持

・吠える、吹き飛ばし所持



ループを抜けるポケモン、催眠耐性を持ったポケモンは現環境に数多くいる。

特にミミッキュというポケモンは対面からではガッサは勝てないのでパーティ単位で強くしておきたい。